バングラデシュへの井戸寄贈

松村です。

私は学生時代からアジアをまわるのが好きで、いろんな国に行きました。
バックパッカーとしての旅行であったり、実際に中国人だけの中で働いていたり、
重病患者の隔離施設でのボランティア活動に行ったり。

そこではたくさんの出会いがあり、

何度も感じたこと
「日本語できて、仕事できて、スタッフのマネジメントもできて、お客さんにも好かれる現地の人が多い。」

そんな時にいつも私が思うこと
「こういう能力が高くてアグレッシブな人間と一緒に仕事がしたい。」

カンボジアを巡っていたある日、観光ガイドのアリが私に言いました。
「結婚したい彼女がいる。でも結婚できない」
何故かと問うと、
「その子と結婚するためには、結納金がいる。日本円で50万円ほど」
(当時の私の英語能力の部分で、金額に関しては聞き間違いかもしれません)
とのこと。

だから諦める。
とのことでした。

どの国でも貧富の差はありますが、
私は、
「自分のやりたいことをやるためにチャンスすらつかめない現状
がここまで日本と変わるのか。」
と悔しい気持ちになると同時に、
自分が日本人であること、自分次第でチャンスはつかみに行けること。
を強く認識しました。

株式会社リレーションズは、まだまだ拡大・成長をしていきますが、
現状はまだ、そういった【ポテンシャルはあるのにチャンスがない】外国人を雇用する段階には至っていません。

でもできることはあります。

これやりたいな、あれやりたいな

と思っていつまでもできないことって皆さんあると思います。

成功している経営者の方々で
「まず動く」ことを大切にされている方も多くいらっしゃるかと思います。

3月に当社は決算を終え、この区切りで「まず動く」を一つ実現します。

表題にもある

バングラデシュへの井戸寄贈

を決定しました。

公益社団法人アジア協会アジア友の会(http://jafs.or.jp/)を通して、井戸の採掘がおこなわれます。

現地の人が使えるようになるまでに、半年から1年かかるそうなので、追って報告をしてまいります。

—–公益社団法人アジア協会アジア友の会について—–
私が25歳当時からお世話になっている団体です。
当時、第1回アジアユースサミットを開催するとのことで、関わらせていただきました。

アジアユースサミットは今年で第5回を迎えるとのことで、
https://www.facebook.com/AYSummit/
ご興味ある方はぜひご参加ください。

25歳当時聞いたお話だと、日本で二番目に古いNGO団体だとお聞きしたことがあります。
こちらに関してもまた追ってご紹介してまいります。
—————————————————-

ご存じの方もいるかもしれませんが、

当社の社是は【 四方良し 】です。

当社のスタッフが頑張ることによって、
顧客様に喜んでいただくことだけでなく、
間接的にも社会に貢献していけること。
今回の井戸寄贈によって、今いるスタッフに、それをより感じてもらえると幸甚です。

関連記事

  1. ミャンマーの里子

    売上の一部でミャンマーの里子を継続支援

  2. 国立がん研究センター

    2023年新たな継続寄付開始のお知らせ(国境なき医師団・国立がん研究セ…

  3. 井戸完成報告

  4. 認定NPO法人D×P(ディーピー)

    10代の孤立を解決する認定NPO法人D×P(ディーピー)への継続寄付

最近の記事

  1. 国立がん研究センター
  2. 認定NPO法人D×P(ディーピー)
  3. ミャンマーの里子
  4. 2019.11.14

    井戸完成報告